【本当は来なくて良い】コロナウイルスがもたらす、ホテルへの影響

Virus

こんにちは、ホームタウンブログです。今現在世界中ではやっていると言えば、「新型コロナウイルス」ですよね。世の中では観光業や宿泊業の経済を回す為、Go toキャンペーン等国が何とかしようと動いています。その中で宿泊業が感じる本当の思いをお答えいたします。なるべく私個人の意見にならないよう、他の記事や同業者に意見を多数集めた結果を元に、記事を書いていこうと思います。

目次

  • 1.ホテルがとっているコロナウイルス対策。
  • 2.Go toキャンペーンについての本音。
  • 3.宿泊単価を下げても、、、 
  • 4.ホテルの売り上げや、給料について。
  • 5.まとめ

 

1.ホテルがとっているコロナウイルス対策。

■2020年3月に都内にある大体のホテルが、新型コロナウイルスを知り感染の対策を練りました。その結果幸いにもホテル内での感染者も一定の数で抑えられています。ではどのような対策をしてホテル内感染者を抑えたのか、主に次の5つです。
1. 出入り口にあるアルコール消毒液の完備。これはシンプルかつ素晴らしい対策だと思います。
2. チェックイン時の検温。これもお客様の事も思っての対策です。
3. アクリル板の設置。お客様と従業員互いに感染を予防します。
4. 従業員のマスク、フェイスシールドの着用。お客様に感染リスクによる恐怖感や不快感を守ります。
5. 徹底消毒。フロントデスク、ベルデスク、エレベーターやエスカレーターの手すりなど、お客様のお手に触れる可能性がある箇所の徹底消毒。
この5つを徹底しているホテルが多いようです。

 

2.Go toキャンペーンについての本音。

■ホテルや旅館の収益の事しか見ないとすると、このGo toキャンペーンは経済を回すとても良い作戦だと感じます。しかしその一方で来られても感染のリスクが上がってしまう。といったどっちに転んでもデメリットが発生してしまうこの状況には、正直頭を抱えてしまう問題の1つとしてカウントしてしまうそうす。

 

3.宿泊単価を下げても、、、

■1泊1万円のホテルが、1泊3千円に単価を下げても客室稼働率は戻らない。というのが今の現状。現在私が勤めているホテルの稼働率は、「平均11.7%」とあまりにも低くく、かつ宿泊単価を大幅に落としている。そして、ホテル側はどうすれば稼働率を上げる事ができるか、日々考えている。

 

4.ホテルの売り上げや、給料について。

■これは都内にある某ホテルの1カ月売上データです。ある程度、慎みながら公開します。
・2019年6月-宿泊売上 \120,000,000 平均客単価 \12,000 稼働率 89.0%
・2020年6月-宿泊売上 \11,000,000  平均客単価 \7,000 稼働率 13.0%

上段が去年の6月、下段が今年の6月です。

 

5.まとめ

■4でも紹介した通り、現在のホテル売り上げは大暴落しています。その為、売り上げをあげようと集客するのも、感染拡大のリスクがあって怖いといったジレンマに陥っています。コロナウイルスの感染者がある程度減少しないと、集客が怖いかもしれません。コロナウイルスが世の中から無くなりますように。
以上で、【ほんとは来なくて良い】コロナウィルスがもたらす、ホテルへの影響を終わります。

ありがとうございました。