【自動化へ】ホテルの未来はロボットが運営します。

robot

こんにちは、ホームタウンブログです。
今回はホテルの未来について語りたいと思います。今やホテルといえば「最高峰のサービスが受けられる」、「ぬくもりあるサービスが嬉しい」、というイメージがあるかもしれませんが、これからは違います。その解説をしていきます!

    目次
    1.現在のホテルスタイル
    ■宿泊
    ■料飲
    ■調理
    ■管理
    ■営業
    2.未来のホテルスタイル
    ■宿泊
    ■料飲
    ■調理
    ■管理
    ■営業
    3.なぜロボットを導入するのか
    4.ロボット導入のメリット・デメリット
    ■メリット
    ■デメリット
    5.まとめ

1.現在のホテルスタイル

現在のホテルや旅館のほとんどは「ヒト」によって運転しています。

    宿泊
    フロントサービス=コンピュータ+ヒト ドアマン=ヒト コンシェルジュ=コンピュータ+ヒト ベルサービス=ヒト 予約係=コンピュータ+ヒト 客室係=ヒト
    料飲
    レシェプショニスト=ヒト ウェイター・ウェイトレス=ヒト ルームサービス=ヒト
    調理
    調理=ヒト
    管理
    総務・経理・人事=コンピュータ+ヒト
    営業
    マーケティング=コンピュータ+ヒト セールス=コンピュータ+ヒト 企画=コンピュータ+ヒト 広報=コンピュータ+ヒト

↑これはホテル内職業の大まかな運転システムです。ほとんどヒトが絡んできます。

2.未来のホテルスタイル

未来のホテルではホテルや旅館のほとんどがロボット(以下:コンピュータ)が運転します。

    宿泊
    フロントサービス=コンピュータ ドアマン=コンピュータ コンシェルジュ=コンピュータ ベルサービス=コンピュータ 予約係=コンピュータ 客室係=コンピュータ
    料飲
    レシェプショニスト=コンピュータ ウェイター・ウェイトレス=コンピュータ ルームサービス=コンピュータ
    調理
    調理=コンピュータ
    管理
    総務・経理・人事=コンピュータ+ヒト
    営業
    マーケティング=コンピュータ+ヒト セールス=コンピュータ 企画=コンピュータ+ヒト 広報=コンピュータ

↑このように「管理」と「営業」以外はほぼ全てコンピュータがホテルを運転できます。

3.なぜロボットを導入するのか

これからは「自動化」の世の中になるからです。AIの進化、自動プログラムの進化、5Gの拡大によりロボットを導入してあらゆる事をリンクさせ「人間の無駄遣い」をなくす為です。未来的に世の中を見るとコンピュータが運転できる。しかし現代はコンピュータが「自動化」できるほどのシステムが完成してないので「ヒト」が代わりに動いている。時代の進化ですね。

4.ロボット導入のメリット・デメリット

メリット
人手不足解消 人件費などの経費が不必要になる 自動化によるケアレスミスの削減 会社全体のコストやリスクの軽減 売り上げのほとんどが利益になりやすい 建物の劣化遅延 企画後の開始スピード向上
デメリット
人間の温かみが無くなる システムトラブルによる暴走の可能性 ロボットやシステム導入の初期費用 世の中の失業者が増加 異常判断の不認識 お客様の不明点への的確なアドバイスの品質劣化 お客様とロボットの共存可能者の増加スピードの遅延

などがあると思います。デメリットも多いですが、それ以上のメリットがあります。

5.まとめ

これからのホテル業界は「自動化」を目指しています。その反面なんだか寂しい気持ちになるのも事実です。ですが、ホテルが求めているものはいつも「お客様の満足」です。自動化で満足度が向上し安定するなら、一番良いのかもしれませんね。