【知らないと損!?】ホテルの安い時期。高い時期。

Cheap

こんにちは、ホームタウンブログです。今回は現役都内ホテルマンが、「ホテルの安い時期」や「ホテルの高い時期」などを丁寧に説明していきます。この記事を最後まで読むことにより、お得にホテルを利用することができます。

目次

  • 1.ホテルの安い時期は?
  • 2.ホテルの高い時期は?
  • 3.まとめ

1.ホテルの安い時期は?

 

「1月」・「4月」・「6月」・「7月」・「9月」・「10月」・「11月」

■「1月」…お正月は高いですが、お正月が明けるとホテルの利用者がガクッと減るので、「安い時期」と言えるでしょう。

■「4月」…春休みが終わるまではホテルの価格帯は高いですが、春休みが開ける2週目からになるとグッと安くなります。

■「6月」…梅雨の時期が徐々に始まる6月、ホテルの利用者が圧倒的に少ないです。

■「7月」…学生さんは夏休み前という事で、まだ旅行する人が少ないです。

■「9月」…夏休み期間も終わり、日本の年間行事も特にないので、ホテルは空いております。

■「10月」…ハロウィンという人気行事はありますが、国内旅行する人は少ない為、空いております。

■「11月」…次の月にはクリスマスが待っている為、この月も比較的安くご利用できます。

 

 

2.ホテルの高い時期は?

「2月」・「3月」・「5月」・「8月」・「12月」

■「2月」…バレンタインでホテルを利用するカップルなどで一時的に忙しくなる為、ホテルの単価は上がります。

■「3月」…卒業した学生が、「東京ディズニーリゾート」や、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」など卒業旅行に行く為、中旬〜月末まではホテル利用者が増えます。

■「5月」…5月はゴールデンウィークがあるのでホテル料金は高く設定してあります。しかしゴールデンウィーク最終日から料金を安くするホテルもあるみたいです。

■「8月」…夏休みという事でどこのホテルも料金は高いですが、夏休みが終わっている月末は少しずつ安くなっていきます。

■「12月」…この月が1年で一番料金が高いです。やはりクリスマスはホテルでディナーからの宿泊!といった流れなのでしょう。ホテルスタッフも「ケーキの作成→予約→デリバリー」と非常に忙しい事も事実です。しかし半年位前から予約していれば少し安くホテルを利用することが可能です。

 

3.まとめ

■ホテルの宿泊料金や、レストランの料金は日本の年間行事やサラリーマン、学生の動きで変動します。しかし5ツ星ホテルや人気テーマパークホテルなどは、ブランド力を強みにしているホテルなので、ブランドを守る為にあまり料金を安くする事はございません。
でもやはりどうせ旅行やホテル廻りをしているなら安く利用したいですよね?そういう時は、私の記事で学んだ安い時期にホテルを予約すれば、安く泊まる事が可能です!それ以外にもビジネスホテルだと「直前割り」というものがあり、宿泊する日が近ければ近いほど料金が安くなります。
なぜならホテル側からしたら、当日になっても部屋が空室で利益ゼロなら、直前に安くして少しでも売ってしまいたいと思っているからです。なのでビジネスホテルをご利用の方は「直前割り」を狙っても良いかもしれません。
この記事を読んだ貴方、少しでもお得にホテルを利用してみてはいかがでしょうか。

以上で、【知らないと損!?】ホテルの安い時期。高い時期。を終わります。

ありがとうございました。